LDLコレステロール下げるサプリ

脂質異常症の原因

脂質異常症になる原因には、生活習慣によるものと遺伝によるものがあります。
特に高LDLコレステロール血症や高中性脂肪血症の場合には、食生活が直接的な原因になりやすいと言われています。

 

高LDLコレステロール血症とは、動物性脂肪やコレステロールの多い食品の過剰摂取や慢性的なカロリー過多によって起こりやすく、
高中性脂肪血症は、食べ過ぎや飲み過ぎ、高カロリー食品の摂り過ぎによって起こります。

 

また、運動不足や肥満、喫煙などによって善玉コレステロールが減少する、
低HDLコレステロール血症も脂質異常症を引き起こしてしまう原因と考えられています。

 

脂質異常症は、生活習慣だけではなく、家族性高コレステロール血症という遺伝的要因もあります。
家族性高コレステロール血症の場合は、動脈硬化へ進行するのが早いため、
生活習慣の改善だけではなく医師による治療や指導を受けることも重要です。

 

このように、脂質異常症とは、血液中の脂質である悪玉コレステロールや中性脂肪の量が多い病気のことをいい、
脂質異常症原因としては、食生活の乱れや遺伝から起こると言われています。

 

脂質異常症が長い間続くと、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や狭心症、脳梗塞などの
重篤で治ったとしても後遺症の残りやすい病気を併発してしまう危険性が非常に高くなります。
ですが、脂質異常症であっても自覚症状がほとんど無いことが多く、病気に気づいていない人もいます。

 

脂質異常症で血液がドロドロな状態になっていると、老廃物も流れにくくなるために、
疲れが抜けにくかったり、ダルさや身体が重いと感じることもありますが、
単なる疲労だと勘違いで済ませてしまう人も多いです。
また動脈硬化は、細い血管から順に現れてきますので、最も細い血管である陰茎動脈の障害が
現れるケースがあります。
つまり、脂質異常症EDとも深い関係にある病気なのです。

 

脂質異常症治療は、食生活を改善していく食事療法
慢性的な運動不足を解消し、適度な有酸素運動をする運動療法
お薬によって血液中のコレステロールや中性脂肪の数値をコントロールする薬物療法とあります。
これらをかかりつけの医師と相談しながら、長期的に治療を進めていく必要があります。