LDLコレステロール下げるサプリ

EPAの中性脂肪やコレステロールに対する効果

EPA (エイコサペンタエン酸)は、不飽和脂肪酸と呼ばれる成分です。
脂肪と言っても、常温で固まってしまう肉やバターに含まれている飽和脂肪酸と違って、
血液中で固まりにくい性質を持っています。
この性質は、血小板の血を固まりやすくする働きを防ぎます。
血のかたまりである血栓ができにくくなるため、血液がサラサラになります。

 

また、EPAには血管を柔らかくする働きもあるので、血液は体内をよりスムーズに流れるようになります。
サラサラ血が血管の中を流れることで、血液をドロドロにする原因である中性脂肪やコレステロールに影響を与え、
血液がスムーズに流れるようにコントロールします。
EPAの血液をサラサラにする働きが、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果につながるのです。