LDLコレステロール下げるサプリ

DHA/EPAとは

脂質を形成している脂肪酸は、体内に入ると、エネルギー源として蓄えられます。
脳や各種ホルモンを構成する成分として、重要な働きを担っています。
その脂肪酸は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分類されます。
飽和脂肪酸は常温で固まるのが特徴で、さらに中性脂肪やコレステロールを増加させる作用があるため、
摂りすぎると動脈硬化などの原因になってしまいます。
不飽和脂肪酸とは、飽和脂肪酸とは違い、常温では固まりにくく、
中性脂肪やコレステロール値を調節する作用があります。
そのため、脂肪酸の中でも健康によいと言われるのが、不飽和脂肪酸なのです。

 

不飽和脂肪酸の一種に魚に多く含まれている「DHA」や「EPA」があります。
DHAは「ドコサヘキサエン酸」、EPAは「エイコサペンタエン酸」といい、
魚の中でも、特にアジ・イワシ・サバ・サンマなどの青魚に多く含まれる多価不飽和脂肪酸です。

 

DHA/EPAには、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを低下させる効果
血液をサラサラにする効果が優れています。
しかし、DHA/EPAは体内で作り出すことのできない必須脂肪酸であるため、
食事で摂取しなければなりません。
または、多くのサプリメントが販売されていますので、手軽に摂取することも可能です。