LDLコレステロール下げるサプリ

脂質異常とは?

脂質異常症とは2007年、高脂血症から改名された病名で、
血液中に含まれるコレステロールや中性脂肪などの脂質が過剰、又は不足している状態を指しています。

 

脂質異常症には自覚症状が無いため放置しがちですが、やがて増加した脂質が血管の内側に溜まり、
心筋梗塞などの重篤な病気を発症する危険があります。

 

脂質異常症には高ldlコレステロール血症低hdlコレステロール血症高トリグリセライド血症の3種類があります。
このうち高ldlコレステロール血症とは血液中のldlコレステロール値が高いものを意味しています。
血液中にldlコレステロールが多過ぎると、動脈壁にこれが付着して血管壁が厚くなり、やがて硬くなって動脈硬化を起こします。

 

またldlコレステロールが塊となって血管の内壁に粥腫を作り、このため血管が狭くなって血流を阻害します。
粥腫(コレステロールエステルを大量に含んだ脂質の塊)は破れると血栓となって血管を詰まらせます。

 

脂質代謝異常原因高脂血症原因)は、過食や高脂肪な食生活、
運動不足などによるものです。
高脂血症症状としては、自覚症状がないのが特徴であるため、重大に考えない人が多いようです。

 

脂質異常症がなぜ危険とされているかというと、血液中の脂質は血管壁にたまりやすく、
血管の内壁を狭くしてしまって動脈硬化を進行させて命に関わる深刻な疾患を引き起こすことが
あるからです。

 

脂質異常症は自覚症状がないので、放置されている間に
症状が進行していきます。
いわゆる「血液ドロドロ」の状態を脂質異常症と呼ぶと考えられます。
まず、動脈硬化を改善したいなら、生活習慣を見直すことではないでしょうか。
食べ過ぎやお酒の飲み過ぎ、喫煙は動脈硬化になりやすく、
特に油の多い食事やコレステロールの多い食品に偏ることは
リスクを高めてしまいます。
食事の量や栄養バランスを考え、脂肪は動物性脂肪よりも植物油や魚油から摂取するなど意識しましょう。

 

また、中性脂肪が高い原因の一つとして、アルコールが関係していることが挙げられますので、
お酒の量は減らしましょう。
脂質異常症は食事のコントロールをすることが、予防の重要なポイントの一つなのです。

 

また、運動不足や睡眠不足、ストレスなども同様のことがいえます。
定期的な血液検査を行うとともに、日頃の生活習慣を見直すことで、
血液サラサラをキープすることを目指しましょう。

 

脂質異常症にはDHA・EPAサプリがおすすめ!

DHA・EPAには中性脂肪を減らす作用があります。
ですので、脂質異常症になったらこれらの成分を意識的に摂取することをおすすめします。
DHA・EPAを摂取することで、血液をサラサラ状態に維持します。

 

血液をサラサラにする効果のあるDHA・EPAサプリや青汁を、下記にご紹介していますので、自分に合うものを見つけ、日頃から積極的に摂取しましょう。

 


4粒で500mgも摂取できる
DHA・EPAサプリ『きなり』

 


 安心の15日間返金保証あり!
 定期コース・おまとめ購入は送料無料!
 お支払いは郵便振替・コンビニ・クレジットカード対応
 
1袋(120粒入り)=最安1,980円〜

 

DHA・EPA配合のサプリ「きなり」の購入はこちら

 




1本でDHA260mg・EPA600mgも摂取できる
トクホのドリンク『イマークS』
 

お試し10本(100ml×10本)=1,000円

 

>>DHA・EPA配合のドリンク「イマークS」の購入はこちら<<

 


 

DHA・EPAの配合量と
コスパにこだわったサプリ『鮫肝』
 

1袋(120粒入り)=最安1,666円〜

 

>>DHA・EPA配合のサプリ「鮫肝」の購入はこちら<<

 


 

国産有機栽培のおいしい青汁

『やわたの青汁』

 

1箱30袋入り(1ヶ月分)=4,100円
 
定期購入あり!
毎月1箱ご注文で=3,894円(5%割引)

 

 

>>脂質異常症に効果のある「やわたの青汁」の購入はこちら<<